FXの取引と投資家心理

main-img

FXで失敗しないために気を付けることが、まずチャートを見すぎないということです。

人間は欲深い生き物です。


少しでも利益をたくさん出したいと思い、安いところで買おうとしたり高いところで売ろうとしたりします。
FXでは予め決済注文まで出すことができますが、決済注文を出しているのにチャートを見てしまうと、目の前の利益に目がくらんですぐに決済したくなってしまうこともあります。



システムトレードに比べて手動取引が難しい点は、この人間の心理にあります。反対に損失が出ているときは、もう少ししたら戻るからまだ持っておこう、そう思う人が多くいます。

すぐに値が戻れば良いのですが、そうではないときもあります。

トルコリラの最新情報をお伝えします。

結局最終的にロスカットになってしまい、資金の大部分を失ってしまう経験は多くの人が経験していることです。

損失確定の注文も出すことができますが、チャートを見て予め決めておいた価格を変更してしまうこともあります。

FXで失敗している人の多くは、コツコツ買ってドカンと負ける経験をしています。このドカンを失くすことが非常に大切です。損失を出しているときでも潔く切り捨てる判断力がある人が、FXの世界で生き残ることができるのです。

wikipediaを利用してみる価値はありますよ。

残念ながらFXを始めた人のほとんどが数年以内に撤退をしてしまっています。
こうした投資商品ではある程度の資金力も必要なのですが、損失を膨らませてしまうと少ない資金で大きなリスクの取引をしてしまいがちです。


成功する人の体験談からだけでなく、失敗した人の話を聞くことも大切なのです。

人に言いたい金融

subpage01

FXが外貨を売買して、その為替レートの差額によって損益が発生する投資の一種になりますが、実はFXでは為替レートの差額によって生まれる損益だけではなく、金利差によっても損益が発生します。例えば日本の金利が0.1%でオーストラリアの金利が2.0%だった時に日本円でオーストラリアドルを買ったとします。...

more

最新情報

subpage02

USDとは米ドルのことです。世界でも基軸通貨の役割を果たしている重要な通貨です。...

more

身になる知識

subpage03

FXには、単なる成行での注文、値を指定しての指値注文の他に豊富な注文方法があります。中でも、FXトレーダーなら確実に使うと思われる、FX口座により呼び方は違いますが、ストップ注文、損切り注文、逆指値注文などがあります。...

more

耳より情報

subpage04

FXをしたことがある人には常識ですが、基本的にFXで扱うお金の単位は10000通貨からです。100000通貨とはすなわち100万円程度の金額を指します。...

more